身長は遺伝と関係ない!子供の身長は親の遺伝で決まるのはウソ

成長期

子供の身長の高さは、親の遺伝で決まるの?
遺伝や家系にが原因で、子供の身長が伸びないのは親として辛いです。

将来、子供の身長がどのくらいまで伸びるのかはわかりません。
だいたい父親の身長よりは高くなると思いますが、身長が抜かされるまでは心配ですよね。

身長と遺伝の関係は

身長は、どのくらい遺伝や家系と関係しているのか?

すごく関係しているのか?
まったく関係ないのか?

なかなか身長が伸びないと気になります。
身長と遺伝との答えは、いますぐ知りたいですよね

遺伝の影響は少ないと言われています。
身長に影響を与える遺伝や家系は、25%ぐらいと言われています。

背の低い両親から、高身長のお子さんがいたりしますからね。

残りの75%は、「運動」「栄養」「睡眠」になるので、普段の生活環境で決まることになります。

身長を伸ばすためにできることは

親として、子供の身長を伸ばしてあげるためにできことは。
子供にたくさんの栄養を摂ってもらうためのサポートができます。

成長期に体がどんどん大きくなります。
大きな体を作るためには、たくさんの栄養が必要になります。

成長期に必要な栄養は、普段の食事だけでも摂れますが、必要な栄養素や量が足りなかったりします。
かと言って、闇雲になんでも食べてたら食べすぎじゃないの?と思う方もいます。

10代の子供は新陳代謝が高く、普段からたくさんの栄養を摂っていてもしっかりと消費できるので、食べ過ぎぐらいでもいいです。

ただ、栄養バランスを考えると、ちょっと足りない栄養素もあります。
成長に必要な栄養は、サプリメントから摂るのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました